小笠原諸島沖で発生した地震 「異常震域」という現象か?

スポンサードリンク

30日の夜 小笠原諸島西方沖で発生した地震で、
広い範囲で全国にゆれを感じたのは、その規模が大きかったことと、
震源となる場所が非常に深かったことが最大の原因となっている

関東地方の揺れが強かったのは海底下のプレート(岩板)を伝わって
地震が発生する波がその威力を衰えることなく揺れとして
伝わりやすい場所にあったことが原因とみられている。

気象局は、遠くの場所まで強い揺れが振動する「異常震域」と
呼ばれる現象だと話している。

気象局によると、震源は約590キロ・メートルという深さ。
太平洋プレートと呼ばれる巨大な岩板の内側であった。
古村孝志教授(東京大地震研究所)によると、
日本列島やその周りの海では、プレート同士が密接に重なり合っている。
最も深い位置に太平洋プレートはあり、
フィリピン海プレートなどの下に沈み込んで、日本列島の地下深くまでのびている。

谷岡勇市郎・(北海道大教授{地震学})は
陸のプレートに比べ海のプレートのほうが固いので
地震波が伝わるプレートはその中で地震波は弱まりにくいと指摘している。
関東へと伝わった地震波は、震源からまず太平洋プレートにそって、
より沖合の浅瀬のほうへ伝ったあと、
このプレートと密接する他のプレートに伝わるという経路をたどり、
たいしてその威力が衰えなかったと思われる。

過去、2013年9月に東京にある鳥島近海の深さ約450キロ・メートルで
マグニチュード6・8の地震が発生、関東から北海道にかけて広範囲で
最大震度4の揺れを観測した。
また、2007年7月に京都府沖、深さ約370キロ・メートルで発生した
マグニチュード6・7の地震でも広範囲で強い揺れ、
震源から離れた北海道で最大震度4が観測された。


コメントを残す